【タイ・バンコク旅行記】ワット・パクナム編【一日目①】

ワット・パクナム海外旅行記
ワット・パクナム
スポンサーリンク

(後日追記)ワット・パクナムへの行き方は後で書く通り簡単なので、絶対にバンペイ駅から歩いて行くことをおすすめします!かなり風情のある道のりです。(タクシーやツアーはおすすめしません。)

スポンサーリンク

福岡空港から

福岡空港
福岡空港

福岡空港からタイライオン・エアに乗って旅立ちます。

8:30分に離陸しました。
約6時間のフライトです(時差2時間)。

タイライオン・エアとても快適な空の旅です。
当日朝まで起きていたので、機内はほとんど寝て過ごしました。

なお、LCCタイライオン・エアの詳しい評価はこちらに書いてます。良かったらご覧下さい。

ドンムアン空港到着

13:00 ドンムアン空港に到着しました。
特に入国審査も混むことなく通過出来ました(待ち時間約5分くらい)。

バスの時間まで暇だったので、近くのセブンイレブンでパンを買いました。
空港のセブンイレブンはタピオカからアイス、こういうベーカリーまでなんでもあります。
空港のセブンイレブンは空港価格(物価が外の二~三倍くらい)ではなく、外のセブンイレブンと同じ価格なので、買い物はセブンイレブンがオススメですよ。

ちなみに僕は空港のエクスチェンジで5000円だけ換金しました。
空港は換金率が悪いので…

14:00 空港出発(HISの送迎バス)に乗ります。
約30分でバンコクのホテルに着きます。

14:30 ホテルに到着しました。
道路は特に混んでいませんでした。

ウェルホテル バンコクスクンビット20

ホテルは

に泊まりました。
スクンビット駅、アソーク駅に徒歩10分という好立地、施設は綺麗で高級感があって(無料でプールとジムが使えます。そんな時間ないですが笑)、スタッフの方も親切です(ほぼ日本語通じないので英語での会話となりますが…)。
朝食はビュッフェ形式ですが、毎日メニューが変わり、タイ料理から日本食まで種類も多くとても美味しいです。

ホテルの下にはファミマもあるので非常に便利ですし、ホテルの前の道には屋台街があって夕飯をここで食べるのも良いですね。

ワット・パクナムへ

15:30にホテルを出発してワット・パクナム(18:00閉)に向かいます。
ホテルからスクンビット駅まで約徒歩10分。
ちなみにスクンビット駅とアソーク駅は同じ駅構内の地上2階と地下にそれぞれあるので最初は結構迷います。

ちょうど春節近かったので春節飾りがしてありました。

スクンビット駅到着です。
ちなみに自動券売機のディスプレイはタイ語表記なので、タッチパネルを操作して英語表記に直さないと全くわかりません。

もし自動券売機での買い方がわからない場合改札口の横に窓口があるのでそこで買いましょう。
(まぁ窓口のスタッフの方も英語が全然通じない場合が多いので、そこはゼスチャーでうまく切り抜けます笑)

(MRTスクンビット~バンペイ駅、30分程度、33Bでした)

チケットは黒いプラスチックのコインです。
この中にICチップが入っているので改札でかざします。

日本でいうと地下鉄みたいな駅ですが電車は地上を走ります。
(ちなみにモノレールではありません。見た目は完全にモノレールですが、普通の二本の線路の上を走ります。)

電車内は涼しくて快適です。
通勤帰宅ラッシュ時以外は特に混んでません。
社内案内は英語の放送があるので特に問題はないです。

社内は日本の電車とあまり変わらないですね。
乗車降車のルール(満員時はドア近くの人は一旦降車して待つなど)は日本とあまり変わりません。

なお、タイのエスカレーターは右側に乗る(関西方式)ようです。

バンペイ駅到着

バンペイ駅に到着です。

ホームからの写真です。
あの大仏さんがいるところを目指して行きます。

右の白い塔がワット・パクナムのお堂です。

ここから徒歩で15分くらいで到着です。
バイクタクシーなんかに乗ってもいいのですが(タクシーは道が狭いので多分通れません。)、ワット・パクナムまでの道もとても風情がある道なので、是非歩いて行ってみて下さい。

というか絶対に歩いて行くことをおすすめします!

ワット・パクナムへの行き方

これは経路順です。

寺院への標識はほとんどないですが、地元の方やバイクタクシーの運転手さんなんかがゼスチャーで教えて下さったりするので、ワット・パクナムへの行き方をそれほど迷うことはないはずです。
(ちなみに皆さん道を聞いてないのに指差して教えて下さいますよ。親切ですね…)

それにしてもかなり昭和レトロな道ですね。
歩いてるだけでとてもノスタルジックな気持ちになります。

昔ながらの雑貨屋、駄菓子屋さんですね…
日本も昔はこういうものはあったんですけど、最近では全く見ませんね…

懐かしいです。
でも今は先を急ぎます。

ん~この子達誰でしょう?
タイのAKBみたいな人たちかな?
この辺は日本と変わらないのかもしれませんね。

さらに進みます。

途中に中国の道教系の寺院もあります。

さらに狭い道を進むと橋があります。
これを超えて進んでしきます。
ちなみにこの橋から見える景色はとても綺麗ですよ。

すると大きなアーケイドの商店街が見えてきます(写真9枚目)。

この中を通っていくと、ワット・パクナムに着きます。(写真10枚目11枚めはお寺のすぐ前の露店です。)

ワット・パクナムの入口付近は公園みたいになっていて、地元の方などが寛いでいます。
猫も気持ちよさそうに寝ています…

僕も猫の隣で一休みしました。

ワット・パクナム到着

16:30 ワットパクナム到着。

ついに着きました!

いや~絶景ですね…
遠くの駅のホームから見るのと違って、下から見上げると迫力があります。

空の青さと白いお堂のコントラストが爽やかで気持ちいいです。
とても神聖なオーラが漂ってますね…

お寺の境内はこんな感じです。
ほんとに公園みたいですね…

僕の行った時間帯は観光客は少なくて、地元の方が多かったです。
観光客であってもタイ人の方の方が多かったです。

このお寺は観光寺という側面もあるんでしょうけど、地元の真面目な信者の方がホントに多いお寺だと思います。
そこがとても印象的でした。

お堂に入って一回です。

これがこのお寺の御本尊かな?
広い間に堂々と鎮座しておられます。

タイのお寺では床に座って拝むみたいです。
(座り方にも特徴があって左足は畳んで、右足は外に出して拝むみたいです。)

参拝の仕方がわからなかくて困っていたら、親切なタイの方が教えて下さいました。
(ちなみに写真の右側の男性です。)

2階3階と階段を登っていきます。

途中は宝物殿やきらびやかな金で出来た仏像が所狭しと鎮座しています。
もう数が多すぎて一つ一つ丁寧に見ていたら時間が足りません。
仏像などが好きな方ならばこの宝物殿だけでも一日過ごせちゃいそうなボリュームです。

ついに屋上に到着しました!
いや~すごいですね。

まるで本当の極楽浄土のようです。
(多分、本当に極楽浄土をが表現されているのでしょう。)

いや~絶景かな絶景かな~(古いですね…)

しばらくは僕は黙りますので極楽浄土の絶景をお楽しみ下さい笑

どうですかお楽しみ頂けましたか?

いや~心が清められるようでしたね。
輪廻転生して再び生まれた気分です。

ちなみに緑の塔の頂上には金の仏像が安置されています。
(写真では見にくいですね)

また当の下にはガラスで龍の彫刻、蓮の彫刻があります。
正直これだけでも見る価値があるくらい綺麗ですよ!
(写真の一番下)

さらにここ屋上から外に出られます!

先程のお寺の境内、この大仏の後ろ姿、遠くの景色なども見られるので是非外に出て景色を眺めて見て下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました