【タイ・バンコク旅行記】メークロン市場編【二日目①】

メークロン市場海外旅行記
メークロン市場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェルホテル バンコクスクンビット20

今回泊まったホテルはここです。
安くてとても快適なホテルです。
プールがあります笑

さて、昨日は飛行機やワットパクナム、ナイトマーケットに行って疲れていたので、ホテルでぐっすり寝ました。

朝は今日の集合が朝七時だったので、食事をするためには朝6時にレストランに行かなければなりません。
そのために今日は朝5時30分に起床です。
まだまだ眠いです。

眠い目をこすりながらホテルの一回にあるレストランに向かいます。

レストランに入るとウェイトレスさんが席に案内してくれます。(英語です)

中は中華風が少し混じった普通のホテルのような内装です。
でも日本のビジネスホテルよりは豪華です。

朝食はビュッフェ形式なので、自分で取りに行きます。

前日の疲れからあまり食欲ないなぁと料理の置いてあるスペースに向かいます。

ん?

んん?

んんん?

料理の種類が多い!
タイのご当地の料理の種類も豊富!
もうテンション爆上がりです!

なんか、日本のホテルと並んでいる料理がやっぱり違うんですよね。

フルーツ一つとっても南国フルーツが多いんです。
マンゴー、パパイヤ、ドラゴンフルーツ…

またパンなんかも日本ではあまり見ない、オシャレで美味しそうなのが多いんです。

食欲がなかったのも嘘のように、料理を取って、三皿も食べてしまいました。
(もちろんちゃんと食べきりましたよ笑)

お腹いっぱい食べ終えて部屋に戻るともう7時30分過ぎ…

急いで準備して部屋を出ます。
集合場所であるホテルのロビーへ。

春節の時期だったのでこんなチャイナドレスを来たクマのぬいぐるみが迎えてくれました。

HISのオプショナルツアー

今日はHISのオプショナルツアーです。
普段は自分で航空券とホテルを取って自由に回る僕ですが、今回は事情があってオプショナルツアーを申し込みました。

旅行代理店のツアーに対してあまり良いイメージを持っていない僕ですが、果たして今回はどんなツアーになるでしょうか?
不安だ…

HISのガイドさんがホテルのロビーまで迎えに来てくれます。(タイ人の方ですが、流暢な日本語を話されます。なので、タイ語話せなくても全然大丈夫です。)

ホテルの前にあったオブジェ。
トゥクトゥクと目をつぶったお姉さん二人…
どういう意味があるんでしょうね?
なんだか面白いです。

バスの車内です。
中は真っ赤です。
タイではこういうのが普通なんでしょうか。

日本のバスではありえないのでなんだかまた異世界にいるようです笑

バスに乗車中。

走るバスの車内からの写真なので少しみにくいですがこれ塩田らしいです。
しかも手作りの。
職人の方が一つずつ塩を掻いて、塩の山にされていました。

日本でも昔は田舎に行けばこういう光景ありましたが、最近では全く見ませんね…
なんかの朝ドラで見たくらいです。

なんだか朝から懐かしさでほっこりしました。

メークロン市場到着

午前9時頃メークロン市場に到着しました。

活気がありますね…

市場の中へ進んで行きます。

メークロン市場内部

市場の中に入りました!

もう活気が違う!

色彩が違う!

売ってるものが違う!

東南アジア独特のパワーに満ち溢れてます。

時間があれば買い物をしたいですが、今は電車の来る時間まで時間がありません!
先を急ぎます。

メークロン市場への行き方

タクシー

メークロン市場へ電車で行くのは、乗り換えが多く複雑過ぎるので絶対おすすめしません。

メークロン市場へはタクシーを使うことをおすすめします。

ただかなり遠いので、運賃が1000Bほどかかります。

後は遠すぎるので運転手さんとトラブルになったり、乗車拒否される可能性が高いです

ツアー

メークロン鉄道市場では電車は午前中は9時半と11時頃に通るらしいです。

一日で3,4本しか通ってないらしいです。結構レアです。

この辺はツアーじゃないと正直個人で丁度よいタイミングを調べて行くのは難しいかもしれません。

市場の中も迷路みたいに複雑で結構迷います。小さな道が多くてわかりません。どこも似たような店に見えて、来た道かどちらかもわかりません。何よりも個人だと安全性の面がわからず、普通に電車に轢かれそうです笑

よって僕はメークロン市場へ行く場合タクシーなどで個人で行くより、ツアーを利用することをおすすめします

メークロン市場線路内

こんな普通の線路の中を歩いていきます。

線路脇の際の際まで普通に商品が置いてありますね。
電車に踏まれないのでしょうかね…

イチゴもこれだけ入って70B(250~300円くらい。観光客価格としても)って安すぎます。

日本じゃ線路をこんなふうに歩けませんよね。
昔は結構歩けましたが…
今歩くと普通に捕まります。
(少し前にタレントが線路内に入って書類送検された事件がありましたよね?)

なんだがワクワク感が止まりません!

突然ですがこのおばちゃん何を売ってると思います?

正解はナマズです。

線路のすぐ側でナマズをさばいて売ってます。
普通に線路にナマズ落ちちゃってますね。

ちょっと食べて見たかったのですが、さすがに生では食べられないそうです笑

残念!

電車の通る時間が近づいてるからでしょうか?

観光客と地元の方で市場がごった返してきました。
凄い賑わいです。

人が多すぎて足元の商品を踏んでしまいそうです。

ちょっとした風景でも日本と違います。

地元の方が普通に買い物されてますね。

またクイズです。
この紙何を売ってると思いますか?

正解はそう宝くじです。

こんなふうに無防備に売ってあります。
宝くじってどこの国にもありますよね。

世界中の宝くじを買ってみる旅というのも面白いかもしれません。
今度やってみます笑

電車到着

そうこうしてるうちに電車がやってきました。

皆さん線路の端まで慌てて避難してます。

対照に露店の方は慣れた手付きで、お店の屋根を引っ込めて、商品を端に寄せていきます。

もう電車がそこまで来てます。

おいおい!

観光客の方危ないって!

汽笛が鳴り響きます。

メークロン市場2

電車がそこまで迫ってきます。

ん?

線路脇を見て下さい!

商品の上を電車が遠てます!
電車の車体の高さまで計算してうまく隙間に商品を置いてるんですね。
商品が潰れたり、引っ掛かったりする様子は見受けられません。

お店の店主の方は慣れているので電車が通り過ぎるのを平然と見ておられます。

メークロン市場
メークロン市場

うわっ!

他人事だと思って見ていたら、僕の目の前まで電車が迫ってきました!

今度は僕が電車に轢かれないか心配です笑

こんなに間近を電車が通り過ぎます。

僕と電車の車体との差は30センチありません。
手を伸ばさなくても普通に車体を触れます。笑

カメラのレンズが車体と接触しないか恐る恐る撮影してます。

これ電車自体はスピードを落としてゆっくり走っているのですが、止まって下から見ている僕からしたら結構なスピードで走っています。
車体に触れようものなら、そのまま体を持っていかれて普通に重症を負います。

ビビリな僕は本当に怖かったです。
下手な絶叫マシーンより怖かったです。

やっと電車が通り過ぎましたね。

もう地元の買い物客の方は電車の後ろから線路を歩いておられます。

すぐさま折りたたまれた屋根は前に出され、商品は元の一に戻されます。
手前のおばちゃんなんてもう営業再開してます笑

もう何もかも早すぎます。
地元の方は慣れているからなのでしょうけど、見てる僕からしたらほんの数秒前まで電車が通っていたところからの何事もなかったかのような、一瞬の変わり身の速さは見ていてとても爽快でした。

怖さから開放されたホッとした安心感からと地元の人たちの自然な行動を見ていると正直面白くてなんだか笑ってしまいました。

帰りに撮った市場の様子です。

改めてみると色々ありますね…
時間があればずっと見ていられそうです。

でも今回はツアーなので名残惜しいですが、メークロン市場市場を後にして次に向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました